自己破産のメリットは何?

自己破産のデメリット、メリットについて解説しますね。

 

まずはメリットですが、最大のメリットは借金が免除されることでしょう。

 

勘違いしやすいのは、「自己破産だけで借金は無くならない」ということです。自己破産後の免責決定により、借金がチャラになります。一定の価値ある財産は全て没収されますが、それでも借金が無くなるのは大きなメリットですね。

 

同じ債務整理手続きでも、個人再生はゼロにならないですし、任意整理は利息の払い過ぎがない限り、元本は減りません。

 

しかし自己破産(免責)なら…あなたの借金が500万でも1000万でも免除になりますから、非常に大きなメリットと言えますね。

 

ギャンブル、パチンコの借金は免責不許可事由になりますが、裁判所の判断で免責が認められることもあります。詳しくは以下のページを参考にして下さい。

 

ギャンブル 借金 自己破産

 

自己破産の申請理由を見ても、保証人の借金を肩代わりして…という方が多いんですよね。

 

もしくは借金した本人と共に、保証人が自己破産することもありますね。

 

自己破産の対象となる借金を選ぶことは出来ません。基本的に全ての借金が免除されます。

 

滞納家賃に関しても支払が免除されますが、その後、同じアパートやマンションに住み続けられるかは分かりません(弁護士に相談して下さい)

 

尚、税金や国民年金保険料などは除かれますね。

 

自己破産 3つのデメリット

 

以上が自己破産のメリットですが、次はデメリットについて見ていきましょう。

 

  1. 官報に住所、氏名が掲載される
  2. 今後7〜10年借金ができない
  3. 免責決定まで就けない仕事がある

 

まず官報への掲載ですが、自己破産、個人再生を申請すると氏名が載りますね。住所も掲載されるので、闇金業者からDMが届くこともあります。

 

官報公告されるので、自己破産の事実がバレる可能性はどうしてもありますね。頻繁にチェックしている人間は少ないと思いますが、最悪バレてしまうかもしれません。その覚悟は持つ方が良いでしょう。

 

しかし基本的に自分から言い出さない限り、職場や友人にバレるケースは少ないと思います。

 

自己破産はブラックリストに載る?

 

次に自己破産すると信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に事故情報が登録されますので、一定期間、新たな借金が出来なくなります。約7〜10年と言われていますね。

 

ただし信用情報機関への登録は、個人再生や任意整理のような他の借金整理でも避けられません。借金滞納を繰り返していたり、3ヵ月間の滞納で登録されるという情報もあります。

 

そうなれば消費者金融はもちろん、クレジットカードも作れませんし、住宅ローン、自動車ローンも組めなくなりますが、逆にメリットと考えてみてはどうでしょうか?

 

私も任意整理を体験して信用情報機関に登録されましたが、その間に借金依存を克服しようと決めました。

 

収入の範囲内で生活する、借金に頼らず生きると決意し、計画的に日々を過ごしたんですよね。その生活は今も続いています。

 

住宅ローンを考えている場合は、『今後7〜10年で頭金を貯める』と切り替えると良いですね。

 

自己破産で借金まみれの状態から脱出し、次のステップとして貯金・預金を実践することで、人生は大きく変わることでしょう。

 

自己破産で就けない職業がある

 

最後のデメリットに『免責決定まで就けない仕事』があります。

 

弁護士や公認会計士、税理士や司法書士、社会保険労務士、行政書士、宅建士などの士業を初め、公安委員会委員、公正取引委員会委員、証券会社の外交員、貸金業者、警備員、生命保険募集員、損害保険代理店、旅行業者などがありますね。

 

特に該当しやすいのは

 

  • 保険代理店
  • 警備員
  • 士業

 

辺りでしょうか。ただし免責を受ければ職業制限は無くなります。その期間は約1年以内と思って下さい。

 

他にも資格制限を受ける職業がありますので、詳しくは弁護士や司法書士に相談して下さいね。

 

尚、自己破産の事実が戸籍に掲載されたり、選挙権が無くなることはありません

 

クレジットカードは持てませんが、銀行のキャッシュカードは持てますし、デビッドカードも所持できますね(私はデビッドカードでネットショッピングを行っています)

 

以上、自己破産のメリット、デメリットについてお伝えしましたが、どのように感じたでしょうか?

 

意外にデメリットは少ないと思われたかもしれません。しかし免責許可を得られなければ、破産者のまま借金を払い続けることになります。そして免責が下りるかの判断は、なかなか自分自身で出来ないものです。

 

そのため、信頼できる弁護士事務所を探して下さいね。

 

借金診断シュミレーターを利用すれば回答をもらえますよ。

関連ページ

自己破産で借金チャラ! それって恥ずかしいこと?
自己破産で借金チャラは恥ずかしいことなのでしょうか? 破産は法律的に認められていますし、どうしても返済できない場合は利用して下さいね。
会社に内緒で自己破産できる?
会社に内緒で自己破産できるのでしょうか? 家族に秘密で自己破産するよりも可能性は高いですね。
任意整理 自己破産 違い
任意整理と自己破産の違いについてお伝えします。まずは困窮の度合いが違うんですよね。借金解決の最終手段が自己破産です。
ギャンブル 借金 自己破産
ギャンブルの借金は自己破産できないのでしょうか? 免責不許可事由ではありますが、認められることもあるようです。
パチンコの借金は自己破産できる?
パチンコの借金は自己破産できるのでしょうか? 免責不許可事由になっていますが、裁判所の判断で免責が下りるケースもありますよ。
自己破産 弁護士費用
自己破産の弁護士費用についてお伝えしますね。弁護士事務所によって料金は変わりますが、平均相場は存在します。
自己破産 無料相談
自己破産の無料相談ですが、弁護士もしくは司法書士になりますね。自己破産の手続きは難解なので、法律事務所の力を借りましょう。
自己破産と債務整理の違い
債務整理と自己破産の違いですが、債務整理という大きな枠の中に、自己破産が含まれているイメージですね。
奨学金返せず自己破産が増えている?
『奨学金を返せずに自己破産』という記事がニュースになっていました。高校、大学時代の奨学金を返還できず、自己破産を申請するケースが出始めているようですね。
借金返済の悩みは債務整理で解決!
借金返済の悩みは債務整理で解決しましょう。自己破産、個人再生、任意整理、どの方法があなたに合っているでしょうか。私は任意整理で復活できました。その体験談です。