リボの借金で悩むあなたへ

リボ払いの借金で悩んでいるあなたへ。

 

クレジットカードやカードローンのリボ払いって便利ですよね。しかし毎月の支払いが定額なので、気付けば借金まみれというシチュエーションもあります。

 

私もリボルビング払いにより金銭感覚がおかしくなり、深く考えずに借金を重ねました。その結果、借金返済できず滞納し、貸金業者から催促を受けて債務整理を決意したんですよね。

 

最初からリボ払いがデフォルトになっているクレジットカードもあれば、『あとからリボ』という形態もありますね。

 

いずれにしても、リボの借金はなかなか完済できません

 

クレジットカードを利用しても一括払いや2回までの分割払い、ボーナス一括払いなら、利息がかからないことがあります。

 

しかしリボでカードを使うと、返済額が変わらない分、利息の支払を長く続けることになるんですよね。

 

まだクレジットカード1枚なら良いかもしれませんが、2枚、3枚と増えると一気に返済が苦しくなります。

 

中には限度額一杯までカードを使っている方も多いと思います。

 

私もそうでしたが、返済日に少し枠が空くので、すぐにキャッシングやショッピングで使っていませんか?

 

そのような自転車操業は長く続きません。ちょっとした変化で返済不能になるからです。

 

失業や病気になって収入が途絶えれば、今までのように返すのが困難になりますし、まさに綱渡り状態ではないでしょうか?

 

免責不許可事由がポイントです

 

しかし客観的に返済不能と判断されれば、自己破産が可能になります。

 

自己破産と聞くと、借金500万、1000万など、多額の負債以外は認められないイメージがあるかもしれませんが、あくまでも支払不能かどうかが問題なので、借金100万円以下で免責を受けた方もいますよ。

 

ただし『免責不許可事由』に該当している場合は気を付けて下さいね。

 

免責と自己破産は別物です。自己破産を申請した後、免責が認められて初めて借金が帳消しになるのです。

 

つまり、自己破産だけでは、ただの破産者であり、免責を受けてようやく借金がチャラになるということです。

 

そして免責不許可事由とは、文字通り「免責が認められないパターン」ですね。

 

財産があるのに隠したり、破産申立ての直前にショッピング枠を現金化したり、特定の債権者にだけ偏った弁済を行った場合に免責不許可事由となります。さらに破産法では…

 

「浪費やギャンブルによる財産の減少」

 

に関しても、免責不許可事由と定めているんですよね。

 

リボで浪費しても自己破産できる?

 

リボ払いの借金でも自己破産は可能ですが、上記で定める浪費に該当すれば、原則的に免責は受けられないことになります。

 

パチンコやパチスロ、競馬や競輪のようなギャンブルや、ブランド物の洋服やバッグ、エステや美顔器の購入で浪費を続けていれば、免責が認められないケースもあるわけです。

 

しかし大多数のケースで免責が認められています。破産法の趣旨に、債務者の人生再建があるからです。

 

同時廃止という簡易な手続きになるかどうかは微妙ですが、真摯に反省して家計簿を付けるなど、裁判所の判断で免責が認められるケースも多いですよ

 

たとえリボ払いで作った借金でも、上記のように自己破産が認められることがありますし、破産以外の整理方法として、個人再生や任意整理もあります。

 

一定の条件をクリアする必要はありますが、自己破産のような免責不許可事由がありませんので、ケースバイケースで検討してみて下さい。

 

ただし、自分で借金整理の方法を選ぶのは難しいので、弁護士や司法書士のような専門家へ無料相談を行って下さいね。

 

借金診断シミュレーターは匿名、住所不要で利用できますし、あなたに合った整理方法を診断してくれますよ。